株式会社KAWASAKI

RCを科学する
株式会社KAWASAKI

数十年にわたる総合建設業の経験から、
RC建築におけるイノベーションを求めて株式会社KAWASAKIは生まれ変わりました。
リサイクルに対応した鉄筋コンクリート新型枠システムパネル『大匠パネル(特許取得済)』を自社開発。
大匠パネルは切断加工が可能で自由設計に対応することができ、工場で加工して現場に納入されると、
施工時には釘や加工を必要としない為、プラモデルのような要領で組立が可能。
剥離性が高い為、一般的な型枠のような面倒な清掃・ケレン作業が最小限で済みます。
「大匠パネル工法」として、国土交通省の新技術情報提供システムNETISにも登録(KT-210025-A)されました。
施工現場での作業効率化、コストダウン、そして地球環境に貢献。
株式会社KAWASAKIは『大匠パネル』の開発・製造メーカーとして
これからも新たなイノベーションに挑み続けます。

代表あいさつ

大匠パネルは製品はもとより、大匠パネル工法も環境面において
脱炭素・循環型社会を念頭に開発しております。
製品および工法を促進することによる消費エネルギーの抑制など
常に環境負荷の少ない社会を目指し取り組んで行きたいと考え、努力し続けてまいります。

株式会社KAWASAKI

代表取締役

代表取締役川崎先和

RC新型枠システムパネル、
大匠パネル。

『大匠パネル』リブと一体化になって、システム化された孔のあるRC型枠。
「大匠パネル工法」として、国土交通省の新技術情報提供システム
NETISにも登録(KT-210025-A)されました。

MORE INFO

最新のお知らせ

   

ARCHIVE